妖怪 ひとたらし ♥(ˆ⌣ˆԅ)

「他人を名指しで批判してはならない。しかし、褒める時は、みんなの前で褒めるんだ。」

考えさせられる言葉だな…。

心にずしんと 響く。

心が健やかで 人の気持ちを考える人。

いくら傷つけられても、

人を傷付けることはしない人。

負けず嫌いで、とても人間くさい人。

それでも どんな時も 言葉に心を込める人。

色んな事を気づかせてくれる人。

心の底から憧れる(´。✪ω✪。`)

強く強く、憧れる(*´╰╯`๓)♬

コロン……

f:id:riki-kanade-miyuki:20170622183150j:plain

コロン・・・。

「ゴンニヂバ」

「・・・。」

こんな感じかな🤣🤣🤣

ASKAさん、面白い😂

f:id:riki-kanade-miyuki:20170622182645j:plain

C&A♥️

f:id:riki-kanade-miyuki:20170620100105j:plainいーつかー 走り出す〜〜♬

いーつかー 走り出す〜〜🎵

いつでも走り出してくれるのを、待っています♪(*^ω^*)

いつまでも、待っています

٩(ˊᗜˋ*)و待ちたいのです♥

I❤CHAGE&ASKA

色んな人がいて、色んな意見があるけれど

パソコン乗っ取られて、渾身の作品を抜き取られてる。会話も聞かれてる。生活を盗聴されてるのに … 気にしないで、パソコンから離れて とか…

私はそうは、絶対に思わない。ハエがブンブン飛んでる中で、気にしないでいられる人と、今どうしても 退治したい!と、思う人の違いだろうか?しかも、そのハエは 全ての会話を聞いている。目の前をブンブン飛び回ってる。そう考えたら、ほっとけないでしょ…

ASKAさんは、石に例えたけれど それは綺麗に例えただけで、実際は 小賢しく飛びまわり 邪魔するハエみたいなものだと 私は思う。

犯人集団の思い通りになんて、絶対にさせてはいけないし、犯人は捕まるべきだし、思い罪を背負って生きなくちゃならない。

顔が見えない中で、証拠を消すことも 手の中で出来る そんな犯罪、腹がたって腹が立って 仕方ない。卑怯で卑劣で、許されない犯罪だ。 大々的に 取り上げられて、そんな犯罪が今後起こらないように、大きな大きな 事件になればいい。

ASKAさんの妄想だとバカにした行動をとった報道も、正義になってくれることはないだろうか。 出来るだけ多くの 証拠と、目撃者と、絶対的な協力者が 必要なはず。 ASKAさんの、妄想だなんて 思ってる人 ASKAさんのブログを読んでる人のなかには、もういないと思います。 世間にも ちゃんと正しく伝わって欲しいです。

ASKAさんの笑顔を待とう

一つ前のエントリーを思いのままに書いて、1日経ってみて思うことは…私も人の事指摘できる程 すごい人間ではないよな…と。

ただ、

これまで ASKAさんのファンで本当に雲の上の上のもっと上の…。 実在してるのかも 、ぼんやりと 疑ってしまうぐらい (´-ε-`)

どこか神様のような…特別な存在のASKAさんを応援出来る こんなにダイレクトに メッセージを届けられる こんなにすごい事って 今までなかった。

ファン同士が、傷つけ合ったら いけない。誰も得しない。

ファンが、みんなで 一致団結出来たら それは、ASKAさんにとっても 大きな力になれると思う。マスコミや、まだまだ厳しい世間の目からも、ASKAさんの実行力や、意欲や強い気持ちや 優しい繊細な心を守っていけるのは ファンの力が大きいと思える。

ASKAさんの強さと、滅多に見せない弱さと いつも持ち合わせてる優しさを、守りたいと 心から思う。これまで どれだけのものを貰ってきたのか 考えたら… 今こそ、ファンが 団結する時なのだと思える。

私も、やり場のない怒りに身を任せている場合じゃなかった。

人の持つ気持ちの強さって 団結すると 何よりも強いものだと 思える。

ASKAさんは、これまでのブログで綴っている言葉からも、投げる石で表したり、Too many peopleの、アルバムタイトルにもなったToo many peopleの中でも歌っているように、私が受け止めたASKAさんの気持ちがある。

そこで見ていてくれないか?見守っていて。石を投げるから 見ていて。

歩いていくから見ていて。

そう言われてるように、気持ちを受け取る。

ASKAさんのペースに合わせて 見守っていたいと思うし、ひとつの石を取り除けたなら 一緒に 喜びたい。何かを成し遂げたら、幸せを分かち合えたように、喜びたい。

ASKAさんは、ファンを光だと例えてくれた。

光の拍手を みんなで 送りたい。

それは、大きな歩幅で 物事に向き合い実行し続けるASKAさんを見ていると、そんなに遠い夢ではないと今、思える。

カッコイイ、ASKAさん。歌を歌うASKAさんは、やっぱり一番カッコイイな。

ライブが 観れたら、泣いちゃうだろうな。

その時には、みんなで 喜び合いたい。

それを見た ASKAさんは、きっと 心からニッコリ笑ってくれるだろうな。

謎…意味が分からない

また、明るくない話題になってしまうけど…気が滅入るような、内容になってるので、そしてとても長いボヤキなので 読むのめんどくさい内容となっております(〜 ̄▽ ̄)〜

ここで、引き返した方が 良いかも知れません

自分のブログだから…呟きたい事を 書こう。それなりの配慮は これでもしてるつもり。

多くの人が 目にする所を 自分のブログのコメント欄のように通信欄のように 使ってるけれど、それなら、自分自身でブログをやったらどうなんだ?と思う。そうすれば、気の合う人と、通信しまくれる。何も、膨大な数の閲覧者の中で 〇〇さんへ なんて 言葉を何度も書く必要無くなる。

自分のブログを、知らない人が観るのが、嫌? なんで非公開にする必要があるのだろうか…私には 謎。人に見て欲しいから、ブログやるんじゃないの? 人に見られても構わない内容を、ブログに書くのが 最低限のマナーでルールじゃないの?

自分のブログ非公開だから、ごめんなさい。ちょっと閲覧者の多い、 コメント欄 お借りしますね! という心理が 謎。ちょっと待って、この方法の方が よっぽど 多くの人の目に入るから…かまってちゃんだとか、目立ちたがり屋だと、思われても 仕方ない。

とはいえ、私も熱くなって 人様にコメントしちゃう時あるんだけどね…あまりいい事ではないと言うことは いうまでもない…

誰かに自分のブログを 晒されるのが怖い。晒されたら、とんでもない数のアクセスが怖い。

だから、非公開にする。

私は思うけど、これは ひっそりとブログをやってるのがちょうど良かったのに、訳の分からないうちに、

「他人に 自分のブログを 晒された」

他人にやられたという事が、恐怖なのだと思う。どんな目的で、なんの得があってそんな事をするの?という謎が はてしなく恐怖。

こんな恐ろしい事を回避するために 自分のブログを非公開にして 膨大な数の閲覧者の ブログコメント欄に、自分の感情までも、日記のように書いてしまう。変だ。矛盾してる。

普通に、共感して 自分のブログに遊びに来てくれる見に来てくれる人がいるのなら、とても喜ばしい事であるはず。

全部が、矛盾してるし

多分、目的からかけ離れてるように思う。

人の考えなんて、それぞれだし

私がこう思うだけ。でも、何がしたいのか、私には謎だらけ。

人のコメント欄は、その人へ 伝えたい想いを コメントする所であるはず。

コミュニケーションを、大切にするのなら ブログは 非公開にしない方が きっと上手くいく。

目的は、それぞれだ

応援の仕方も、それぞれだ

私の考えを、私のブログに書いただけ。

謎だらけだったので、吐き出しただけ。

明るい話題が、思い浮かばない(T ^ T)

はじめてASKAさんのブログを見つけた時

ASKAさんの事を、好きで好きで好きで大好きで、毎日毎日 ASKAさんの記事はないかと ネットで調べていた。

嫌な気持ちになる事分かってるのに、それでも 他に知る術もなく、毎日ネットで 検索しつづけていた。

7月にASKAさんの ブログを見つけとき、

嬉しかった。半信半疑で、ASKAさんじゃないのかも…でも、言葉の選び方が ASKAさんだ。そんな風に思って、本物のASKAさんの ブログだってハッキリ報道されてからは、胸がトキメキで 溢れた。

ASKAさんのブログを見るのは楽しい。嬉しい。その気持ちは 変わらない。ASKAさんの 言葉は いつでも新鮮だ。 変わってくのは コメント欄。 はじめてASKAさんの ブログを観に来た人は、荒れた惨状をみて、何を思うだろう。 ASKAさんは、何を思うだろう。 何を思えばいいんだろう。 あんなに、優しい繊細な詩を書く ASKAさんが、 何も感じていないと思う? 私は到底そう思えない。 ASKAさんが、もうブログをやめたいなって、思ったら 簡単に終わってしまうかもしれないと思う。みんなで ASKAさんを 心から 応援して なんて、簡単なようで、簡単ではないのかな。 無駄な争い程、観ていて 辛いものはない。 心が すさんでいく。ASKAさんに なぜ わざわざ、見せつけるのか。多くの人に 見せつけるのか。応援する気は無いのか。 自分の意見を書くのは、個人個人のブログでは いけないのか。 ASKAさんのブログを観に来た人が コメント欄を観て、遠ざかっていくのだとしたら、それは、ASKAさんの 邪魔をしてるのと 同じ事。いい加減に気が付かないと。 応援するのは、取り合う事でも 決着のつかない 喧嘩に白黒つけることでもないはず。 マナーやルールは、社会でも、ネットでも 同じ。画面の向こうには 心を持った 人間が確かにいるんだ。社会で、生活しながら 喧嘩を売りまくってる人なんて、いない。 お願いだから、みんなでASKAさんの 応援をしよう。 喧嘩する場所じゃない。