読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだか、これで正解な気がして来た。

7月31日 メイリンちゃんのエントリーから 鎮静剤を点滴した際の スポイトを使ったから、アンフェタミンが検出された。これは、あり得る気がする。

犬の薬は、人間の薬と おなじ物が使われてる事が 少なくない。モルヒネも使われるし、さらにアメリカ製の薬が とても多い。私は動物病院で 働いていたので よく英語の薬を目にしていた。と言っても、獣医師ではなくて、トリマーです。ただ、薬を砕いたりする作業は 手伝っていたので

その中には当然、手伝わせてもらえない薬もありました。心臓の薬と モルヒネのような薬は、間違えがあってはいけないので 扱わない事になっていました。ですから、犬に使われるのは 間違えない。

亡くなる前になら、激痛を抑える薬を筋肉に 注射で点滴する様に獣医師から 支持されることはよくある。

これなら、小説より奇なり……

証言通り家から物証が出てきた

科捜研に間違えはなかった……の部分に納得。

出版予定の本には 多分、不信感が どの様に生まれたのかが 書いてあって、尿検査になぜお茶を提出しようと考えたのかが、書かれてるんだと思う。

シンプルだけど、これをいっきに説明して世間に納得してもらうには、なかなか大変かもしれない。 びっくりしない様に、ゆっくり説明してくれてるんだろうな〜